HOME > 個人投資家の皆様へ > J-REITについて

J-REITについて

※以下の内容は、一般社団法人投資信託協会発行のガイドブック等に基づきまとめたものです。

詳細につきましては、一般社団法人 不動産証券化協会一般社団法人 投資信託協会及び東京証券取引所のホームページをご覧ください。

J-REITとは?

    J-REITは、多くの投資家から集めた資金をもとに、複数の不動産などを保有し、運用することを目的とする金融商品です。不動産の運用などは、不動産の専門家である資産運用会社などが行い、運用して得られた賃貸収入や不動産などの売買益は投資家に分配されます。J-REITは、不動産に投資を行いますが、法律上、投資信託のカテゴリーに入ります。
   もともと不動産投資信託(REIT)は1960年にアメリカで初めて誕生し、日本では2001年9月に証券取引所に上場しました。
   日本の場合、「JAPAN」の頭文字の「J」をつけて「J-REIT」と呼ばれています。

J-REITの仕組み

    J-REITは、法律に基づき「不動産投資法人」と呼ばれる会社のような形態をとっています。J-REITは、株式会社で例えると株券に当たる、「投資証券」を発行し、J-REITに投資する投資家は、この投資証券を購入します。投資家から預かった資金をもとに、不動産などに投資を行い、購入した物件の賃料収入や物件の売買で得られた収益を投資家に配分します。また、J-REITは、上場商品であるため、投資家は証券会社を通じて、上場株式と同じように証券取引所でタイムリーに売買することが可能です。
   その他、資金調達のために、金融機関から融資を受けたり、株式会社の社債に当たる「投資法人債」を発行して行う場合もあります。

Jリートと株式の用語の違い 

J-REITの仕組み

    J-REITは、法律によって運用などの実際の業務を行うことが禁止されています。不動産の運用などの各業務は、J-REIT(不動産投資法人)から委託された専門家が行います。
   さらに、運用以外の業務(テナント募集や不動産の管理・メンテナンスなど)を行う専門業者を選定し、業務を委託します。

資産運用会社(投資信託会社)
購入する不動産の選定、金融機関からの資金借り入れ交渉、不動産の運営方針の決定を行います。
また、不動産の価値を維持するために長期修繕計画などを立案し、実行します。
資産保管会社
J-REITが保有している資産の保管を行います。
通常、信託銀行が資産保管会社となります。
一般事務受託者
J-REITに関する投資主名簿の作成や投資主総会に関する事務など、資産の運用及び保管に係る業務以外の業務を行います。

TOPへ戻る

平和不動産リート投資法人の運用体制

  • 仕組図
  • 資産運用会社について

TOPへ戻る

J-REITのメリット

  • Jリートは不動産を小口証券化した投資商品で、少額から投資することが可能
  • たくさんの投資家から資金を集めて複数の不動産へ投資するため、分散投資の効果が得られます
  • 不動産運用の専門家が不動産へ投資を行い、運用・管理を行うので、手間のかからない不動産の資産運用が可能
  • 運用利益のほとんどを投資主へ分配金として支払います

TOPへ戻る

J-REITのリスク

    J-REITは多くのメリットを持つ一方で、さまざまなリスクがあります。J-REITは、証券取引所に上場しており、毎日、取引価格が変動しますので、元本や利回りが保証された金融商品ではありません。
投資リスクのページに目を通し、J-REITが持つリスクを知ることが大切です。

投資リスクのページへ リンク集

TOPへ戻る

お問い合わせ先

  • 平和不動産アセットマネジメント株式会社 電話03-5402-8731(代表)
  • みずほ信託銀行株式会社 証券代行部 電話0120-288-324(フリーダイヤル)

TOPへ戻る